iPhoneが故障した際、機器の状態によってはデータ自体を取り出せないケースも考えられます。また、修理の頼み方や納期も気になるところです。万一の故障に備え、データのバックアップ方法や修理の出し方についてあらかじめ知っておきましょう。

バックアップ

iPhone修理の際、作業内容によっては内部のデータが消去される場合があります。故障した時にあわてないよう、データのバックアップは定期的に行いたいものです。データをバックアップする方法について、方法ごとのメリットと共にご紹介します。

クラウドならいつでもどこでもバックアップOK!

いまや多くの人の生活に欠かせなくなったスマートフォン。あちこちで撮った大切な写真や友人の連絡先、SNSでのやりとりの記録など、とても大切なデータが保存されています。もし、そんなデータが突然無くなっ…

PCなら別の媒体を使って二重にバックアップできる!

iPhoneのバックアップを行う方法として、iCloudを活用している人が多いもののiPhoneはPCの一部機能を外へ持ち出すために開発された製品です。このため、PCへインストールしたiTunes…

USBメモリならパソコンなしでもバックアップ可能!

スマホを修理に出す際に気になるのがデータです。画像や動画音楽など消えると大変なデータが入っているスマホを修理するのなら万が一のことを考えてバックアップをとっておくと良いでしょう。でもバックアップは…

修理の依頼方法

即日修理が可能な場合あり!正規サービス店への持ち込み

iPhoneの液晶が割れたり、バッテリーの持ちが悪くなった経験ありませんか。使えなくは無いから買い替えるまで我慢して使っている方も少なくありません。また、中には、スマホが手元から離れるのが嫌だから…

貸出機の提供あり!キャリアショップへの持ち込み

iPhoneの修理には多くの選択肢があるのをご存知ですか。従来、携帯電話の修理と言うと、キャリアショップへの持ち込みしか選択肢がありませんでしたが、スマートフォンの急速な普及に合わせて修理窓口が様…

自宅や職場から修理依頼!宅配引取りサービスで修理工場に直送

電話で簡単に依頼できます

iphoneは宅配引き取りでの修理サービスに対応しています。もちろん公式のストアに持ち込んで依頼するという方法もありますが、予約が必須ですし、近くに店舗がない地方の人であれば、そもそも持ち込みはできません。 そこで便利なのが、宅配引き取りによる修理サービスです。手順は簡単です。公式のホームページを開き、修理の依頼ページを開きます。依頼の方法は複数選べて、こちらから電話する場合と、先方からこちらに電話してもらう方法の2つを選ぶことができるようになっています。 注意しなくてはいけないのは、この電話による案内を経由しないと、修理の宅配サービスが受けられない点です。つまり一方的に送りつける、という依頼はできません。

修理依頼後の流れについて

電話サービスに連絡をして、簡単な症状を伝えた後に、案内員のガイダンスに沿った動作確認手順などを行います。そうして現状の報告が終わると、先方から簡単な見積り金額が提示されますが、仮に修理が高くなりすぎる場合は勝手に修理を進めることはなく、いったん連絡が入るようになっているので安心してください。 診断が終わると、こちらの住所や電話番号を聞かれるので答えましょう。集荷の人はだいたい翌日には自宅に来てくれます。そこで故障したiPhoneを渡し、集荷してもらいます。 集荷後は専用のホームページで、修理の経過などを細かく確認できるようになっています。いつごろに終わるのか、修理の現状はどうなっているのか、などが自宅や勤務先からいつでも確認できるので、大変親切です。

iPhone修理はどういったものか

iPhone修理とは画面割れや水没、バッテリーの激しい消耗などの様々な症状で故障したときに修理を施すことです。